肉料理は簡単な調理でも味の違いが出ます。

肉料理についての話題は尽きることがありません。

肉料理は簡単な調理でも味の違いが出ます。

肉料理は簡単な調理でも味の違いが出ます。 肉料理についての話題は尽きることがありません。韓国では牛肉をたくさん食べるという話がありますが、日本人はそこまで積極的に牛肉を食べていくことはありません。動物タンパクのみならず、大豆でもたんぱく質をとる傾向があり、味の賞味にこだわるのが牛肉というイメージにもつながります。ステーキを作る際、アメリカ人が大雑把にバターを使って焼くような場面も見られますが、それだけでも美味しい印象があります。また、ステーキ屋で1800円位のステーキを食べれば、3桁の値段より味が上がることは間違いないことです。ネット通販で神戸牛を取り寄せて食べたこともありますが、霜降の脂身と柔らかな歯ごたえが加わり、確かにスーパーよりも3倍は美味しいことは間違いありません。

都内などで開かれている海外の現地流のレストランでは、日本のレストランで出てくる牛肉とは違った味のステーキが出てくる時があります。でも牛肉かもしれないし、勘違いかもしれません。豚肉のチャーシューやトンコツなどは、複雑な調理法により旨みを与えるものですが、基本的に調理そのものが味を変えるようなことはほとんどありません。肉料理の味を左右するのは、調理法よりも材料の質ということになるのでしょうか。